chiyokoの読書録

読書のアウトプット用ブログです。二児のママです。漫画や自己啓発本、育児本多めです。

違国日記(3巻)ーかってにしんじゃった人が悪いと思うー

 

 こんにちは。chiyokoです。

今日も漫画が読めて幸せです。

 

■今日の漫画■

違国日記(3巻)/ヤマシタトモコ

 

朝とママの関係がだんだんわかってきました。

どういうママで、どういう家庭だったのか。

 

ママだからそうなるのかな・・・

槙生ちゃんの言っている言葉の方が素敵だなと思うのに、

自分も娘が思春期になったら、

朝のママと同じようなことを言ってしまうのかな。

 

いや、そうならないよう、こうやって漫画から

思春期の子のなんとも言葉に表せない気持ちや葛藤を知って、

少しずつ対策していこう。。。

 

「彼女はわたしのさみしさを受け入れてくれたが、理解はしなかった

 わたしを愛していなかったが、好ましく思っていると彼女は言った

 ーーー

 わたしの感情がわたしだけのものであるように

 彼女の感情もまた 彼女だけのものだった 

 ちがう人間だった」

 

本当に愛しているってどういうことなんだろうって、

子供に対しても常々思っていることだけど。

この漫画からは、母親の愛とは?って考えさせられることが多い。

 

「かってにしんじゃった人が悪いと思う」

 

 

自分のやりたいことをやりなさいと言っておいて、

親の意向に沿わないと意見を出してきて、

結局、親がこの道が良いというルートを進んできたら、

そりゃ、なんで勝手に死んでるんだよと思ってもおかしくないよね。

 

私が死んでも、自分で生きられるように育てなきゃなーと思ってしまった。